BLUE & YELLOW MURMUR

BLUE & YELLOW

スリマッカDecember 14, 2018

シルク印刷六本松 蔦屋書店で開催されたレトロ印刷JAMのシルクスクリーンキット「SURIMACCA(スリマッカ)」のシルクスクリーン印刷体験のワークショップに行ってきました。それにしても、さすが大阪の会社。スリマッカて。

シルク印刷は学生の頃に授業でもやりましたが、実際やると結構大変なんです。それがSURIMACCAなら

①原稿を用意(手描きでもデータでも可)
②スタッフの方がその場で製版
③出来上がった版をSURIMACCAに張る
④印刷
⑤乾かしたら完成 30秒ほどドライヤーをあてるだけ

と言う手順。
私はIllustratorのデータを持っていったのですが、1分ほどで版ができました。これがもう驚き。学生時代にやったときは、スクリーンを張った枠に暗室でMコート(感光剤)を塗って、製版して、Mコート洗い落として乾かしてってって印刷にたどりつくまでのハードルが高かった。

この1分でできた版を枠に張って(数分で完了)、印刷するトートバッグに枠を乗せたら、版の上にインクを垂らしスキージを引き印刷します。すぐにドライヤーで30秒ほど温めて乾かしたら完成です。

…ところで、SURIMACCAとは正確には枠のことだったのですね。プラスティックのパーツを組み立てて作る枠(パーツ次第で大きさが変更できる)に版(スクリーン)を簡単にピシッと張れる仕組みになっていました。

今回のワークショップではトートバッグ1枚がセット(2000円)だったのですが、巾着袋(200円)とサコッシュ(400円)にも追加しました。作業時間は手順を説明していただいた時間とかも含めてトータルで30分程度。なんてお手軽!

カメラとシルク印刷ちなみに用意したイラストデータは、普段使ってるお散歩カメラを見ながらApple Pencel+iPadで描いたもの(Adobe Illustrator Drawを使用)をMacのIllustratorに送って、小さな文字を書き足し調整しました。 ニューApple Pencel、初めてちゃんと使いました。

いやぁ、イラスト描くところから枠に版を張って刷るまで全部楽しかった。またやりたいなぁ。できた袋類にはカメラグッズを入れたいと思います。

Comment (0)

福岡国際マラソンDecember 2, 2018

福岡国際マラソン本日、12月第1日曜は毎年恒例、福岡国際マラソン。今年もベランダから応援です。それにしても先頭集団の走りは異次元! 先頭集団が通り過ぎた後、次の集団が来るのにしばらくかかりました。全員が駆け抜けていくのを見届け、テレビの前に戻ると先頭は遙か遠くへ。いや、しんがりの人達だって速いんですよ。42.195kmを2時間40分で走れないと出場できないんですから。結果は初出場の服部勇馬選手が優勝。日本勢の優勝は14年ぶりだそうです。おめでとうございます。選手の皆さん、スタッフ、関係者の皆さん、お疲れ様でした。

さ、師走。慌ただしい季節です。風邪やインフルエンザにかからないよう、手洗い、うがいをしてがんばりましょう。

Comment (0)