BLUE & YELLOW MURMUR

BLUE & YELLOW

最近のいろいろJanuary 29, 2012

博多駅前回からの続きで最近のいろいろを自分のためにメモ。

●今年のやりたいことの1つ、「運動不足解消のため、なるべく歩く」。ということで、先日、初めてウチから博多駅まで歩いてみました(東急ハンズとヨドバシに行きたかった)。天神まではたまに歩くんだけど、博多駅まではいつも車で行っちゃうですよね。帰りは暗くなったこともあってバスに乗っちゃいましたが。写真は、長崎で開催中のランタンフェスティバルにあわせて博多駅改札口に飾られていたランタン。ちなみにランタンフェスティバルには去年、行きましたがすごくよかったですよ〜。2月6日までなので、機会があればぜひ。

今年やりたいことといえば…、今年はなるべくいろんな展覧会に行きたいな〜と思ってます。で、先日、行った九州国立博物館で開催中の「細川家の至宝」展に引き続き…

福岡市美術館で開催中の「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想」展へ。ルネサンス期、工房で受注して、師匠を中心に弟子達が学びながら絵を描いていく流れがよくわかりました。この展覧会とは別ですが、博物館の収蔵品である国宝「金印(漢委奴国王)」が市美(福岡市美術館のことをこう呼んでまして、県立美術館が県美です)に特別展示してありました。福岡市博物館って現在改修中で休館してるんですね。知らなかった…。なんだか得した気分だわ。

IMSに入っているギャラリー「三菱地所アルティアム」で開催中の「飯島奈美のしごと展」へ。なんと入場無料。太っ腹。飯島奈美さんは、「かもめ食堂」とか「南極料理人」などの映画作品やキユーピーハーフ等のCMなどのフードスタイリングを手がけるフードスタイリストさん。会場にはおいしそうな料理の写真や現場の写真だけでなく、実際に映画で使用された食器やメモ入りの台本などが展示されていました。料理はもちろん、時代や風土にあった器も全てトータルコーディネートされています。例えば、映画「東京タワー」ではおかんが作る料理は主人公の出身地である福岡の料理(がめ煮とか)で、昭和らしい器に乗せたりとか…。海外も含めた郷土料理、時代を表す器…それ以外にもたくさんの引き出しがないと、ただ料理が上手というだけでは成り立たないお仕事ですねぇ。まぁ、どのジャンルでもプロとはそう言うものなんでしょうけど。あ、引き出しって、収納がいっぱいあるっていう意味じゃないですよ。いや、たくさんの食器を入れる引き出しも必要でしょうけど。

●ホークスの今年のスローガンが「V V(ブイ ブイ)」に決定。まぁ、去年の「ダ」よりはわかりやすいですが「ブイブイいわせる」ってあんまりよくない意味のような…。ま、いっか。文字通り、日本一V2を期待したいです。

さて、いろいろ待ち状態だったのもあって、比較的、余裕のあった1月ですが、2、3月はそうはいかない、というか、フルスロットルで行かねばです。確定申告もあるし、年度末だもんね。風邪引かないように頑張りましょー。

Comment (0)

コメントはこちらから(トラックバック

お名前
E-MAIL
URL
コメント