紫陽花というと梅雨の季節の花のイメージだけど、秋に綺麗なグリーンで咲いている紫陽花がある。蕾はグリーン、夏に白く咲き、秋に再びグリーンに変化する「アナベル」という種類の紫陽花を9月の蚤の市で買ってきた。数日、生花として飾って、後はドライに。梅雨の時期に咲いている紫陽花を吊してドライフラワーにしようとしても花(正確にはガク)がやわらかすぎて小さく萎れてしまうけど、秋には花が固くなるので水分が抜けても形がほとんど変わらずドライフラワーにしやすいとのこと。買ってきたアナベルも10日ほど吊していたら、綺麗なグリーンのままドライフラワーになってくれた。

アナベル
上の写真は、左が生花時で、右がドライ。
ドライフラワーにすると、さすがに永久ではないけど、2、3ヶ月は保つ。一緒にドライにしたユーカリの葉と一緒に飾っておこう。