銀杏(イチョウ)。葉が緑のうちはいろいろある樹のひとつでしかないのに、紅葉し、黄色くなると急に銀杏(イチョウ)だよと主張してくる。いや、その前に銀杏(ギンナン)が落ちて、独特の匂いが漂ってくると、ああ、ここには銀杏(イチョウ)が植えてあったのかと気づくのだけど。ところで、なんで樹の名称「イチョウ」と実の「ギンナン」が同じ漢字「銀杏」なのか。

銀杏

上は近所の公園で。一面が黄色の絨毯になり更に銀杏(イチョウ)の主張が強くなる。もう冬が来るのか。